ときどきAnsible日記

主にITインフラ基盤の自動化に関する事を書いているブログです

Ansibleのエラーメッセージ 其の1

お疲れ様です。伊藤です。


ちょっとModuleの説明(というか公式の翻訳情報ですが。。。)が続いたのでちょっと趣向を変えてplaybook実行時のエラーについて書きます。

というのもAnsibleのエラーメッセージは当然英語で分かりづらくネットにも情報がほとんど上がっていないので多少なりとも上げていきたいと。。そういう感じです。

基本的なエラーメッセージの見方ですが、"msg":の後がメッセージになっているのでその部分を拾っていけばOKです。後は\n\rとか改行記号が入っていたりするのでそのせいで読み辛くなってたりします。

  • エラーメッセージ
fatal: [xxx.xxx.xxx.xxx]: UNREACHABLE! => {"changed": false, "msg": "Failed to connect to the host via ssh: ssh: connect to host xxx.xxx.xxx.xxx port 5986: No route to host\r\n", "unreachable": true} to retry, use: --limit @/try-ansible-best-practices/site.retry
  • 対処

Moduleはuserですが、エラー内容は関係ありません。このメッセージが出た場合はWindowsの接続用に通信ポートが5986(WinRM)になっていた状態でLinuxSSHで接続しようとして繋げないよ、というエラーになっています。この場合は変数にansible_ssh_port=5986の記載があり、変数を設定する場所をミスって全サーバこの変数が対象になっていたためです。変数の宣言をきちんとして正常終了しました。

  • エラーメッセージ
fatal: [xxx.xxx.xxx.xxx]: UNREACHABLE! => {"changed": false, "msg": "Failed to connect to the host via ssh: Host key verification failed.\r\n", "unreachable": true}
  • 対処

これもモジュールは関係ありません。SSHの鍵認証の設定がミスっており、ノーパスワードでSSH接続ができない状態になっていた時に発生したものです。鍵認証でSSH接続できるように設定しましょう。

  • エラーメッセージ
fatal: [xxx.xxx.xxx.xxx]: FAILED! => {"changed": false, "failed": true, "msg": "value of state must be one of: present,absent, got: resent"}
  • 対処

これは単純にPlaybookの記載ミスでstateにpresentと設定すべきところがresentになっていたため発生したものです。これはメッセージがわかりやすいですね。

  • エラーメッセージ
fatal: [xxx.xxx.xxx.xxx]: FAILED! => {"changed": false, "failed": true, "msg": "Could not find the requested service iptables: host"}
  • 対処

これはRHEL7.3に対してiptablesを再起動するように指示しましたが、RHEL7以降はiptablesというサービスは存在せずにfirewalldになっているため、そんなサービス無いよ、と言われたものです。RHEL6では動きますがRHEL7では動かない、という例です。

  • エラーメッセージ
fatal: [xxx.xxx.xxx.xxx]: UNREACHABLE! => {"changed": false, "msg": "Failed to connect to the host via ssh: ssh: connect to host 192.168.1.105 port 22: No route to host\r\n", "unreachable": true}
  • 対処

こちらは単純に対象のサーバが停止していて接続できなかった場合です。対象サーバが起動していることを確認しましょう。



取り急ぎ以上ですが、またたまったら挙げていきたいと思います。
お疲れ様でした。